髪や頭皮の紫外線ダメージ

~髪や頭皮の紫外線ダメージ~

 

時に髪は、肌以上に年齢を語ると言われます。髪がパサついてツヤがなくゴワゴワとしていたら、いくら肌にシミやシワがなかったとしても、後ろ姿で実年齢より老けて見えてしまう恐れも。そんな髪の傷みを招く要因はたくさんありますが、そのひとつが紫外線。肌や身体にはせっせと日焼け止めを塗っているのに、髪や頭皮は無防備のまま……なんて心当たりがあるのでは? 髪はほかのどのパーツよりも太陽のいちばん近くでダメージを受けてしまうからこそ、真っ先に守ってあげるべき。今回は、髪の傷みを進ませない、日焼け後のレスキューヘアケアについてお伝えします。

薄毛の人ならば注意してカラーリングやパーマを行いましょう!

1.髪の毛も日焼けする 乾燥やパサつきの原因は紫外線

髪が乾燥したり毛先がパサつく原因はさまざまですが、夏の場合、まず疑うべきは紫外線。言うまでもなく、紫外線は肌だけでなく髪にも降り注いでいますが、髪はほかのどのパーツよりも太陽に近く紫外線ダメージを受けやすいにもかかわらず、肌ほど紫外線対策ができていない人がほとんど。それこそが、夏に髪のコンディションが悪くなる原因のひとつなのです。

では具体的に、髪が日焼けするとどんな影響が起こるのでしょうか? 髪は紫外線ダメージを受けるとたんぱく質が壊され、パサつきといったトラブルが起こりやすくなります。また、同じ紫外線を浴びるのでも、プールや海などで髪が濡れた状態で浴びると、たった1日でもダメージを実感しやすくなるって、ご存じでしたか? 水に濡れた状態で紫外線を浴びると、毛髪の中で酸化が起き、ダメージを受けることがわかっています。さらに髪の色素も酸化によって分解され、髪の赤色化を招きます。サーフィンや水泳を楽しむ人の髪の色が明るくなりやすいのもこのためです。

髪の内側は、肌と同じようにメラニンがあるため、紫外線をある程度は吸収することができますが、髪の表面を覆っているキューティクルにはメラニンが存在しないため、内側に比べて紫外線の影響を受けやすくなります。キューティクルがダメージを受けると、髪のツヤが失われたり手触りが悪くなってしまうので、うるおいのあるツヤ髪をキープするには、肌と同じように髪を紫外線から守ることが大切なのです。

2.まずは予防意識を高めること 上手な髪と頭皮の紫外線ケア

髪への紫外線は、UVスプレーで対応を。ベタつきが少なくヘアスタイルを崩さずキープできるので、お出かけ前、スタイリング後の髪にシューッとスプレーして日中の紫外線ダメージから髪を守りましょう。髪や肌から10~15㎝程度離し、まんべんなくスプレーするのがポイントです。

また、肌と同じように、持ち歩いて2〜3時間おきにつけなおすと、紫外線防御効果を保てます。汗をかいたりタオルで拭いた後もスプレーのつけ直しを。髪についた水分を、タオルなどでこまめに拭き取ることも忘れずに

頭皮もダメージを受けているため、頭皮用の美容液などを使ってしっかりアフターケアを。

乾燥が進んでデリケートになっているため、毎日使うシャンプーを低刺激性のものに替えるのも有効です。

 

3.海やプールで思いっきり遊んだ後は?うっかり焼け後のリカバリーケア

日焼け後の髪は、ダメージを受けて弾力を失い、パサつきだけでなく切れ毛や枝毛にもつながっていくので、ふだんよりもしっかりとケアをしてあげることが大切です。
 
 
 
健康な髪を生やすために、今ある髪を大切にケアして行きましょう。

 

2021年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メッセージ

  • 来店カウンセリング予約
  • LINE相談・ご予約
  • 電話相談・ご予約