髪がスカスカ(泣)原因と対策を知ろう!

 

鏡をふと見たら「なんだかうっすらと頭皮が見えてる気がする・・・(泣)」「光の加減?気のせいだよね・・・(泣)?」

「とりあえず髪型変えてごまかせばいいか!!」とその場しのぎでごまかし、見て見ぬふりをしたまま何も対策をしていない方

年齢が若くても頭皮がスカスカになる方もいます。目を背けず早めのうちに原因と対策を知りましょう。

 

目次

  1. 頭皮がスカスカの状態はどんな状態?
  2. 頭皮が見える原因はなに?
  3. 頭皮がスカスカの対処法

 

頭皮がスカスカの状態はどんな状態?

 

頭皮がうっすらと透けて見える状況。髪の毛が1本1本細くなり、髪全体に生気がなく、ツヤもコシも失われています。

光の当たり具合で薄く見えているだけかと気のせいにしてしまう方も中にはいらっしゃるかと思いますが、

髪の健康状態が良く密度がしっかりしている人の頭皮はそもそも光に当たっても薄く見えることはありません。

初期段階だと気付きにくく、髪型でごまかしていたらいつの間にか薄毛が進行してしまっていたというケースもあります。

毎日髪の健康状態を日常的にチェックする習慣が大切です。 

 

頭皮が見える原因はなに?

 

 

髪の毛1本1本が細くなり、髪全体にボリュームがなくなっていく状況。

これにはどのような要因が関係しているのでしょうか。

まず1つめに考えられる要因は加齢です。

頭髪への栄養は、頭皮の血管を通して送られますが、加齢に伴い毛細血管は老化します。

そうすると毛母細胞の働きが悪くなることで、髪の毛に十分な栄養素を送れず、細くなって抜け毛が増えてしまうのです。

しかし、20代などの若いときから髪の毛が細くなるケースも多くあります。

その場合はほかの原因に心当たりがないかを考えてみましょう。

「食生活の乱れ」「飲酒・喫煙」「睡眠不足」「ストレス」「パーマ、ヘアカラーを頻繁にする」など

頭皮のスカスカな状態を引き起こす要因につながります。

特に、年齢の若い方で頭皮がスカスカになっている場合は、こうした頭皮のケア不足や生活習慣の乱れからきていることが多いようです。

髪の毛が細くなる栄養不足は主にふたつに分けられます。

血流が悪く髪の毛に栄養が行き届いていないケースと、食事で十分な栄養が取れていないケースです。

喫煙などで血管が収縮したり、脂肪分の多い食事ばかりで血行が悪くなったりすると、

髪の毛に十分な栄養が行き届かず、健やかな成長の妨げとなってしまいます。

また食事で必要な栄養素が摂取できていない場合も、髪の毛が栄養不足に陥る原因となります。

不足することで髪の毛の成長に影響する栄養素は、鉄分亜鉛ビオチンビタミンB12などが挙げられます。

若い女性の場合、ダイエットのために過度な食事制限をすることで陥りやすいです。

またたくさん食べて栄養を摂取しているつもりでも、いつも同じものばかり食べていると栄養不足を招く可能性があります。

ストレスをうまく発散できずにため込んでしまうと身体に現れるのが自律神経の乱れになります。

自律神経の乱れから毛細血管が収縮し、血流の悪化によって栄養不足を招きやすくなります。

髪の毛が成長して抜け落ちるまでのヘアサイクルも乱れ、十分に育ちきる前の細い状態で抜け落ちることがあります。

このようにストレスは、髪の毛の成長に大きな影響を及ぼします。

2つめに考えられるのは脱毛症になります。

男性の場合は男性型脱毛症(AGA)と呼ばれる症状である可能性が高いです。

薄毛に悩む男性のうち、約9割に男性型脱毛症(AGA)が発症していると言われています。

通常、髪は生えて、太く長く成長していきますが、男性型脱毛症(AGA)」を発症した人は、髪が成長途中で抜けてしまうため、細い髪が増えたり、抜け毛が増えて薄毛になっていきます。

女性の場合は、頭皮全体の髪の毛が薄くなる「びまん性脱毛症」と呼ばれる可能性が高いです

びまん性脱毛症は、高齢の女性に多い脱毛症ですが、最近は20代・30代であっても発症するケースがみられます。

過剰なダイエットによる栄養不足やストレス、ホルモンバランスの乱れなどが影響を与えています。

頭皮がスカスカになるのは、脱毛症が絡んでいるケースもあることを押さえておきましょう。

 

頭皮がスカスカの対処法

 

頭皮が透けて見える状況は、すでに薄毛が進行してしまっている状況。

1日でも早く対策をとらなくてはなりません。

まずは、日々の生活習慣を見直し改善することから始めてみましょう。

 

🔷🔷🔷食生活の改善🔷🔷🔷

 

 

まず薄毛に悪影響のある食事を控えましょう。

✖ラーメン

✖スナック菓子

✖ファーストフード

✖揚げ物

「油分」や「糖分」を過剰に摂取することで、皮脂の分泌が活発になり頭皮環境の悪化に繋がります。

また、「食品添加物」「塩分」は髪の成長に悪影響があるとも言われています。

次に積極的に摂っていただきたいのはタンパク質です。

髪の毛のほとんどはタンパク質によって生成されているのです。

1日に必要なタンパク質の摂取量

成人男性:60g

成人女性:50g

タンパク質が豊富に含まれる食品(大豆・豆腐・鶏肉など)を摂って、健康的な髪の毛を手に入れましょう。

また、ビタミンミネラルも髪の毛の発育に重要な栄養素です。

タンパク質はもちろん、ビタミンミネラルを含む食品(ひじき・わかめなど)も、食事にバランスよく取り入れてください。

 

🔷🔷🔷睡眠を大切にする🔷🔷🔷

 

 

成長ホルモンの分泌、細胞を活性化させるためできるだけ質の良い睡眠を心掛けてください。

 

・夕食は就寝3時間前、入浴は就寝2時間前までに

・寝る前のスマホ操作はやめる

・アルコール・カフェインの摂取を控える

・眠る前に軽くストレッチする

・22時~2時のゴールデンタイムに就寝する

 

🔷🔷🔷頭皮ケアをする🔷🔷🔷

頭皮環境の改善や薄毛予防には、頭皮ケアも大切です。

毎日するシャンプーは、頭皮ケアの基本なだけに、地肌に合うタイプを選びましょう。

合成添加物などが入ったシャンプーは、頭皮にダメージを与える可能性もあるため、避けたほうが無難です。

アミノ酸系シャンプーであれば、頭皮にもやさしいですし、皮脂も適切にコントロールしてくれます。

また、シャンプーをするときは、しっかり泡立てて頭皮をなでるようにマッサージすることや、すすぎ残しのないようによく洗い流すことなどを意識してください。

生活改善をして頭皮のスカスカも改善しよう!

頭皮が髪の毛から薄っすら見える原因は、髪の毛1本1本が細くなり弱ってしまっているからということがわかりました。

改善策は原因と考えられる生活環境の改善になります。

改善したからといってすぐに細い髪の毛が太くなるわけではありません。

ですが気長にがんばれば改善できる可能性は十分にあります。

時間を掛けずに改善したい場合はぜひ当サロンにご相談ください😊

1人で悩まないで下さいね🍀

 

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メッセージ

  • 来店カウンセリング予約
  • LINE相談・ご予約
  • 電話相談・ご予約