薄毛は遺伝によるもの?その実態について解説いたします!

薄毛は遺伝によるもの?その実態について解説いたします!

薄毛は遺伝によるもの、だという話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。両親が薄毛で悩んでいるならば、「自分ももしかして」と思うかもしれません。ここでは薄毛が遺伝とどのような関係にあるのかについて詳しく解説していきますので、ぜひとも参考にしてみてください。

薄毛になるメカニズムを知ろう

男性が薄毛になる場合の90%近くが、「AGA」を発症しています。AGAは男性型脱毛症と呼ばれ、男性ホルモンの影響により脱毛が起きる症状です。テストステロンは男性ホルモンの一種で男性らしい体を作るのに貢献しますが、これと頭皮に存在する酵素である5αリダクターゼと結びつくことで、強力な「DHT」というものを生成します。

頭部にある男性ホルモンレセプターが男性ホルモンの一種であるDHTを受け取ることで、毛の成長を阻害する脱毛因子が増加します。この脱毛因子の働きが活発になると髪の毛の成長期が短くなり、髪の毛が正常に成長しないまま抜け落ちるということです。通常のヘアサイクルが乱れますので、抜け毛が多くなり薄毛になります。

 薄毛は果たして遺伝が関係あるのか?

実は男性であれば誰にでもAGAを発症する可能性はあります。しかし実際に発症する人とそうでない人に分かれるのは、薄毛を促進しやすい遺伝子を備えているかどうかです。とくに注目すべきポイントが2つありますので、その点を解説していきます。

5αリダクターゼの活性度

AGAのなりやすさを決める要因の1つ目が、5αリダクターゼの活性度です。5αリダクターゼはテストステロンを強力なDHTを作り出すための酵素です。この5αリダクターゼが活発に働くのであれば、より多くのDHTを生成します。

5αリダクターゼの活性度が高い遺伝子に関しては優性遺伝なので、両親のどちらか一方でもその遺伝子を持つのであれば、子にも受け継いでしまいます。

男性ホルモンレセプターの感受性

AGAのなりやすさを決める要因の2つ目が、男性ホルモンレセプターの感受性です。このレセプターがDHTを捉えることで脱毛因子が増加するので、このレセプターの感受性が強いかどうかでAGAのなりやすさが大きく異なります。このレセプターの感受性の強さは親から受け継がれる遺伝子によって決まっており、それが強いと脱毛因子が増加しやすくなるので、結果的にAGAに発症しやすくなるということです。

感受性の強さを決める遺伝子は母親のX染色体上にあるので、母方の家系で薄毛の人がいれば子は隔世遺伝しやすくなります。母親の家系に居る祖父もしくは曽祖父が薄毛かどうかをチェックしてみると良いでしょう。

薄毛が遺伝する確率は家族の誰が薄毛かにより変わる

薄毛が遺伝するかどうかを判断するポイントが、両親の誰が薄毛になっているのかと、両親のどの遺伝子を受け継いでいるのかです。

母親から受け継ぐX染色体の中に薄毛を招きやすい遺伝子が含まれていることが分かっています。そのため母親の家系で薄毛の人が多いのであれば、おそらく薄毛になる可能性が高いでしょう。場合によっては父親の5αリダクターゼの活性度の強さを受け継いだが故に、薄毛になることも起こり得ますので、ケースバイケースとしか言えないところはあります。

遺伝により薄毛になりそうかどうかを検査できる

遺伝の影響で薄毛になるリスクを確認したいならば、AGAの検査をしているクリニックや発毛サロンなどに行くことをおすすめします。遺伝による薄毛のポイントに当たる、5αリダクターゼと男性ホルモンレセプターに対する遺伝子の強さは検査によって分かりますので、その結果によってAGAのなりやすさが確認できるということです。

これらの遺伝子が強いのであれば遅かれ早かれAGAを発症する可能性が高くなりますから、発症を遅らせるためにあらかじめ対策を講じる必要があります。しかし薄毛になりやすい遺伝子を持っているからと言ってがっかりする必要は無く、治療を適切に受ければ改善してきます。

後天的遺伝によっても薄毛になる

薄毛のなりやすさは先天的に持っている遺伝子によって決まりますが、それだけでなく後天的遺伝によっても薄毛になる可能性があります。後天的遺伝とは生まれてから親から受け継いだものです。子は親と一緒に住んでいますので、基本的に親と同じ生活習慣になるはずです。同じ生活習慣を送っていて、それが髪の毛に悪影響を及ぼしているならば、子も親と同じように薄毛のリスクが高まります。

後天的遺伝によって薄毛になったのであれば、生活習慣を改めることで薄毛を改善できるでしょう。きちんと睡眠をとるとか、正しい食生活を送る、喫煙習慣を改める、運動を行うなどを意識することで改善の可能性が高まります。

まとめ

薄毛の大多数はAGAによるもので、親から受け継がれる遺伝子によって、主に5αリダクターゼと男性ホルモンレセプターが活発化しやすくなります。ある程度遺伝によりAGAの発症のしやすさが決まり、結果的に薄毛につながるということです。さらに髪の毛に悪い生活習慣を送ると、なおさら薄毛になるリスクを高めます。

薄毛の原因が遺伝によるものなのか知りたいのであれば、「hair HOPE」までご連絡ください。検査により遺伝による薄毛のなりやすさが分かりますので、まずは検査を受けてみてください。

 

2021年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メッセージ

  • 来店カウンセリング予約
  • LINE相談・ご予約
  • 電話相談・ご予約