ヘアケア方法~ブラッシング編~

ヘアケア方法~ブラッシング編~

 

普段何気なくブラッシングを行っている方が多いかと思いますが、正しいブラッシングの方法をご存知ですか。

ブラッシングは美髪とヘアケアの基本です。

髪を梳かすと指通りも良くなり、サラサラになりますよね。ですが、そんなブラッシングも間違った方法でやってしまっては意味がありません。

美髪を保つためにも大切なブラッシングについて学んでいきましょう。

 

薄毛の人ならば注意してカラーリングやパーマを行いましょう!

 

ブラッシングの目的

ブラッシングは最高のヘアケア

ブラッシングの目的は、髪の毛についた埃や抜け毛などを取り除き、櫛どおりを良くすることと、頭髪にある皮脂を髪の毛に行き渡らせて、髪の毛に潤いを与えること、頭皮に刺激を与えて血行を良くし、頭皮の新陳代謝を促すことです。

従って、ブラッシングは、頭皮や髪の為には、非常に良い効果のあるヘアケア、頭皮ケアですが、ブラッシングの方法や、タイミング、ブラシに選び方によっては、かえって頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまいます。

最悪のヘアケア方法にも

頭皮に強い刺激が加わるようなブラッシングや、雑なブラッシング、同じ場所を何度も往復するブラッシングは、頭皮に負担をかけ、かゆみやフケの原因になるとともに、キレ毛を増やしてしまいます。

ブラシの先で直接頭皮を傷つけたり、刺激したりしないように、ゆっくり丁寧にブラッシングすることが大切です。

ブラシの先で頭皮を傷つけることは、直接的な頭皮トラブルの原因になってしまいます。

「なんとなくかゆみを感じる→強くブラッシングをする」という行為が、最も頭皮の状態を悪化させる行為です。

特に、髪の毛を長くしている人は、毛先からブラッシングをはじめて、丁寧に、髪の毛を解きほぐすように行いましょう。

 

育毛を行うためには?頭皮環境を整えることがポイント!

 

効果的なブラッシング方法

髪や頭皮にも優しい効果があるブラッシング方法をご紹介します。

以下の3段階に分けて行うのが有効です。

1.毛先からもつれがあれば、そっとほぐすようにブラシを入れる

2.毛先より根元寄りから、毛先にかけてブラシを入れる

3.髪の根元から毛先にかけてブラシを入れる

いきなり髪を一気に梳かすのでなくて、段階を踏んで梳かしていくことが大切なのです。

また、ブラッシングの時は丁寧にゆっくりとブラシを動かすことが必要です。

これは頭皮を引っ張ることを避けるのと同時に、摩擦により髪のキューティクルを剥がしてしまうのを避けるという意味合いがあります。

髪が長い方は、3段階よりもう少し段階を分けてとかしてあげるといいでしょう。また髪が絡まりやすい方は、オイルなどをつけてから行うのがおすすめです。

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メッセージ

  • 来店カウンセリング予約
  • LINE相談・ご予約
  • 電話相談・ご予約